山梨県の移住や別荘購入、コンテナハウスのことなら

ウッドデッキの大きさで後悔しないための注意点

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ウッドデッキを作る気を際に気を付けたほうが良いことってあるんですか?

富士山くん

ウッドデッキの大きさで後悔しないための注意点はもちろんあります!

ナカゴミ

せっかくウッドデッキを作るのに後悔はしたくないです!!

富士山くん

では、今回はウッドデッキの大きさで後悔しないための注意点についてお話したいと思います!

ナカゴミ

ウッドデッキの大きさで後悔しないための5つの注意点

ウッドデッキの大きさで後悔しないための5つの注意点をお伝えします!

ナカゴミ

ウッドデッキを作ってしまってから後悔しないために以下のことをしっかりと考えてみてください!

ナカゴミ

ウッドデッキの大きさで後悔しないための注意点
  1. ウッドデッキを作る目的をはっきりさせる
  2. 材質をしっかりと選ぶ
  3. 掃除やメンテナンスについて考える
  4. 雑草や虫対策について考えておく
  5. 人の目線対策について考える

1 ウッドデッキを作る目的をはっきりさせる

たまたまそこにスペースが空いていたから、などと安易に設置すると使わないで後悔します。

ナカゴミ

ウッドデッキがある場所を使って何がしたいのか、目的について考えておくといいってことですか?

富士山くん

そうなんです。ウッドデッキをどういう使い方をするのかをイメージする事がとても大切なんです。

ナカゴミ

庭キャンプやバーベキューを楽しんだり、子どもやペットの遊び場にしたいです😊🎵

富士山くん

いいですね✨お庭でしたいことがはっきりしているご家庭にこそ、ウッドデッキは必要なアイテムなのです。

ナカゴミ

目的に応じた、ウッドデッキを作るってことですね!

富士山くん

ウッドデッキの使い方によって、設置場所を決めたり、敷地を含めた住宅の間取りや窓の大きさ、形状などと合わせて、ウッドデッキの大きさを決めておくことが重要です。

ナカゴミ

ウッドデッキを広く作りすぎてしまい通りづらくなってしまったという理由で後悔している方もいらっしゃいます。。。😢

ナカゴミ

ウッドデッキの大きさで後悔しないためには、作る目的をはっきりさせましょう!

ナカゴミ

2 材質をしっかりと選ぶ

ウッドデッキは素材によって寿命やメンテナンス性などが変わります。材質の違いによって後悔に繋がってしまうこともあるので、しっかりと選んでください。

ナカゴミ

天然木にもいくつも種類があったり、人工木もメーカーがいろいろとありますよね。

富士山くん

そうなんです。人工木はメーカーさんからの情報があるので、比較ができるのでわかりやすいと思いますよ。

ナカゴミ

人工木はそれぞれのメーカーさんのおすすめポイントや特徴が載っていますもんね❕

富士山くん

問題は、、、天然木なんです。安く作れる、加工しやすいからという理由で選んでしまうと後悔してしまいます。

ナカゴミ

材質によって特徴などがあるので、耐久性やメンテナンスの頻度などまで考えて天然木を選んでください。

ナカゴミ

せっかくのウッドデッキが腐ってしまった!!ってなると本当に後悔しちゃいますね😢

富士山くん

ウッドデッキの大きさで後悔しないためにも、ウッドデッキの材質選びはとても大事なんです!!

ナカゴミ

3 掃除やメンテナンスについて考える

      ウッドデッキは雨や風で運ばれてきたホコリや木の葉、それに鳥のフンなどで自然と汚れてしまいます。

ナカゴミ

ウッドデッキをきれいに使っていくためには掃除は必要ですよね!

富士山くん

ウッドデッキを作って楽しむだけでなく、掃除やメンテナンスについてあらかじめどういうことが必要なのかを知っておきましょう。

ナカゴミ

天然木は特に定期的なメンテナンスが必要な場合があります。

ナカゴミ

「メンテナンスを怠ったらウッドデッキが腐ってきてしまった」と後悔に至った方がいらっしゃいます。

ナカゴミ

ウッドデッキを長持ちさせるためにはメンテナンスの頻度も頭に入れておかないとですね!!

富士山くん

4 雑草や虫対策について考えておく

ウッドデッキの下が土のままの場合、ウッドデッキから漏れる僅かな光で雑草が育ってしまう場合があります。

ナカゴミ

草取りもウッドデッキの下だとやりにくいですね・・・😢

富士山くん

雑草などは放置しておくと蚊やムカデなどの虫が繁殖する一因となってしまいます。

ナカゴミ

雑草対策など忘れてしまうととても後悔しそうですね。

富士山くん

設置する際には、ウッドデッキの下には防草シートを敷いたり、コンクリートにして固めるなどの対策をしておいたほうがいいでしょう。

ナカゴミ

5 人の目線対策について考える

ウッドデッキをどう使うかだけしか考えてなくて、周囲に目を配ることを忘れてはいませんか?

ナカゴミ

ウッドデッキはのんびりと過ごせる場所ですが、地面よりも高く周囲に目隠しになるものがなければ、当然視界に入ってくるでしょう。

ナカゴミ

周りからの視線のことも気にしないと後悔してしまうってことですね!

富士山くん

人の視線が気になって落ち着かないと後悔する前に、目隠しフェンスや植栽などで視線をカバーする方法についても検討しておきましょう。

ナカゴミ

まとめ

ウッドデッキの大きさで後悔しないための注意点が、参考になればうれしいです。

ナカゴミ

ウッドデッキを生活に取り入れた素敵な日々を送っていただきたいです!

ナカゴミ

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナカゴミ建設 , 2021 All Rights Reserved.