山梨県の移住や別荘購入、コンテナハウスのことなら

ウッドデッキの雨対策はどうすればいい?屋根付きウッドデッキ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ウッドデッキに興味があるんだけど傷みやすくてお手入れが大変だったり水が溜まったりすると聞きます😢ウッドデッキの雨対策はどうすればいいの・・・❔

富士山くん

ウッドデッキの雨対策には、屋根付きウッドデッキがおすすめです!ウッドデッキに屋根を付けるメリット・デメリットをご紹介いたします🎵

ナカゴミ

屋根付きウッドデッキのメリット

雨や雪を防げる

屋根付きウッドデッキのメリットは劣化の大きな要因である雨や雪から、ウッドデッキを守ることができます🎵

ナカゴミ

ウッドデッキに屋根を付けることで、室内への雨の吹込みも防いでくれそうですね👍

富士山くん

強い日差し・紫外線対策にも

屋根付きウッドで気にすると、ウッドデッキ表面の日焼けを予防したり、夏場の温度上昇を抑える効果があります。。

ナカゴミ

天気の良い日にウッドデッキでバーベキューをしたり、読書をしたりというときに、暑すぎず眩しくならずに過ごせます。

ナカゴミ

日影が作れるのはいいですね!バーベキュー✨憧れる~🎵

富士山くん

屋根付きウッドデッキにすることで、お子さんやペットへの紫外線をカットする役割を担ってくれます。

ナカゴミ

最近は、紫外線が強いので将来のためにも紫外線対策は大切ですよね❕

富士山くん

ウッドデッキの耐久性の向上

屋根付きウッドデッキにすることで、ウッドデッキ本体の劣化の原因になる、雨風や日差し対策ができるため、ウッドデッキ自体が長持ちします。

ナカゴミ

屋根をつけることにより、傷みにくくなるんですね🎵

富士山くん

屋根が日差しなどからウッドデッキをまもるので、耐久性が大幅にアップします。

ナカゴミ

洗濯物を干すスペースができる

屋根付きウッドデッキにすることで、雨の日もウッドデッキに洗濯物を干すことが可能になります。

ナカゴミ

外出中に天気が変わっても焦らなくて済みそう~♬家事をする人にも嬉しい特権ですね😋

富士山くん

もう一つの部屋として使える

屋根付きウッドデッキにすると、テーブルや椅子を置いて、優雅な気分で過ごすお部屋が生まれます。

ナカゴミ

屋根付きにするとウッドデッキの楽しみ方が自然に増えそうですね✨

富士山くん

外観が良くなり目隠しにも

ウッドデッキにデザイン性の高い屋根をつけるだけで、家の見た目も良くなります。

ナカゴミ

室内の目隠しにもなるため、プライバシーを確保しやすくなります。

ナカゴミ

なるほど❕雨対策だけでなくメリットがこんなにたくさんあるのならウッドデッキに屋根を付けたくなりますね❣

富士山くん

メリットがあると、やはりデメリットもあります💦次は屋根付きウッドデッキのデメリットを紹介いたします。

ナカゴミ

ウッドデッキに屋根を付けるデメリット

開放感がなくなる

屋根付きウッドデッキは、上への開放感がなくなり、空間が狭くなったような感覚になります。

ナカゴミ

そのため屋根の素材やサイズを、施工前にイメージすることが大切です。

ナカゴミ

室温が下がる

屋根付きウッドデッキにすると、室内に日差しが入りにくく、特に冬場は室温が下がり、暖房費がかかる場合があります。

ナカゴミ

その分、夏は日差しを防げますね❕

富士山くん

突風や台風の影響を受けやすい

屋根付きウッドデッキの1番のデメリットは、強風がウッドデッキ内に入り込みやすく、屋根が壊れる可能性が高いことです。

ナカゴミ

えぇっ💦屋根をつけるなら気を付けないといけないということですね❕

富士山くん

そうですね。風が当たりやすい場所かどうかを確認した上で、屋根や基礎部分の強度がしっかりしたものを選びましょう。

ナカゴミ

素材によっては汚れが目立つ・掃除が大変

ウッドデッキに屋根をつけると素材によって使われることの多いポリカの板は、透明や半透明のタイプが主流です。

ナカゴミ

このような素材は溜まったホコリなどが透けて見えてしまうため、他の素材よりも汚れが目立ちます。

ナカゴミ

汚れが目立ってしまうとせっかくのウッドデッキが台無しですね😢

富士山くん

屋根の上に溜まった汚れやホコリをきれいに取り除くには、かなりの手間が必要です❕

ナカゴミ

位置によっては業者に依頼しなくてはならないためコストがかかることもあります💧

ナカゴミ

積雪量が多い地域は注意

大量の雪が積もった場合、重さに耐え切れずに屋根が壊れる可能性があります

ナカゴミ

雪の重さは相当なものになりますもんね💦

富士山くん

負担がかかりにくい屋根の形状や素材を吟味されることをオススメします❕

ナカゴミ

まとめ

「雨対策用にウッドデッキに屋根を」と考える際には、メリットとデメリットを十分理解する必要がありますね❕

富士山くん

そうです❕日当たりなどのご自宅の環境(1年を通して)、外観のイメージや周りのデザインとのバランスも考慮して、素材や形、大きさを選んでくださいね❕

ナカゴミ

屋根をただ付けるだけでなく、自然環境と豊かに付き合っていくということが大切なんですね🎵

富士山くん

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナカゴミ建設 , 2021 All Rights Reserved.