山梨県の移住や別荘購入、コンテナハウスのことなら

コンテナハウスの断熱対策まとめ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「コンテナハウスって夏は暑く・冬は寒そう」というイメージだと思います。

ナカゴミ

鉄の部屋だからそのイメージは強いです😿

富士山くん

コンテナハウスの断熱対策をしっかり行うことで、住宅並みに快適に過ごせるんです✨

ナカゴミ

そうなんですね!!ぜひコンテナハウスの断熱対策について教えてください😊

富士山くん

コンテナハウスの断熱対策、断熱材について

コンテナハウスの断熱対策と言えば断熱材で覆うことです。では断熱工事についてご紹介します!

ナカゴミ

コンテナハウスの断熱対策について
  • 内断熱
  • 発砲ポリウレタンフォーム
  • 外壁断熱

内断熱

一般的な施工方法で、グラスウールとウレタンフォームを断熱材として使う工法です。

ナカゴミ

外壁断熱と比べると、一定の広さまでは、エアコンの効きが早いというメリットがあります。外壁に施工できない場合なども内断熱が用いられます。

ナカゴミ

内断熱工法のデメリットってありますか?

富士山くん

断熱材の外が外壁となっているため外気の影響は受けやすく、温度差で結露も起こしやすいです。外壁断熱と組み合わせて断熱施工すると良いです!

ナカゴミ

発砲ポリウレタンフォーム

コンテナの内部に発砲ポリウレタンフォームを直接吹き付ける工法です。気密性が高く断熱性能に最も優れています。内断熱のデメリットである結露の心配はなくなります!

ナカゴミ

発砲ポリウレタンフォームのデメリットはありますか?

富士山くん

小規模なコンテナハウスでこの工法だと、施工費用が割高になってしまう可能性があります。

ナカゴミ

外壁断熱

建築用コンテナの外側に、断熱材を裏に貼った外装パネルを貼って断熱する工法です。外側を断熱材で覆うため、結露がおこりくく、断熱や気密処理が簡単な工法です。

ナカゴミ

外壁断熱にデメリットはありますか?

富士山くん

シロアリなどの害虫被害へ注意が必要な点や施工コストが高い点などがあります。コンテナの外面を覆うためコンテナの壁パネルが見えなくなってしまう点は最大のデメリットです。外観アピールを行いたい方にはこの工法は向いていません。

ナカゴミ

まとめ

コンテナハウスの断熱対策は、断熱効果の高い順に発砲ポリウレタンフォーム→外壁断熱→内断熱となっています!

ナカゴミ

組み合わせることで断熱性能は高くなり、コストは上がってしまいますが快適な生活環境を過ごすため、ぜひご検討してください。

ナカゴミ

コンテナハウスの断熱対策をしっかり行い、快適にしたいですもんね!

富士山くん

コンテナハウスの断熱対策は設置場所の気候によって対策してくださいね!

ナカゴミ

気温や湿度・日当たりなどで考えるのがいいということですね!

富士山くん

そうです!コンテナハウスの断熱対策は、状況に応じた断熱方法を取り入れてみてください🎵🎵🎵

ナカゴミ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ナカゴミ建設 , 2021 All Rights Reserved.